医療事務求人情報

医療事務の求人が見つかるサイト

医療事務の求人は非常に少ないので一般の求人サイトでは見つかりません。
そこで以下の求人サイトを利用します。以下のサイトなら医療事務の求人がある程度は見つかります。ただしやはり数が少なく人気なのでできるだけ複数のサイトを使うようにしましょう。

医療事務の求人を見つけるコツ

・できるだけ複数のサイトを利用してこまめにチェックする事。
リクナビNEXTのようなスカウトがあるサイトにも登録しておく事。

リクナビNEXTは無料登録して希望条件を設定しておくだけで、興味を持った企業側からスカウトメールが来るサービス。非公開が多かったり、なかなか見つからない医療事務の求人ですのでこういう便利なサービスも利用しておきましょう。

 

とらばーゆ

リクルートが運営する女性のための求人サイト



とらばーゆは女性のための求人サイトで医療事務の求人もある程度見つかります。またとても貴重な未経験OKの医療事務の求人もあるので、初めて医療事務の仕事につきたい、未経験からチャレンジしたいという方にもオススメ。

介護求人ナビ

医療/福祉/介護を専門にした求人サイト



介護求人ナビは医療や介護や福祉を専門した求人サイトで、その中でも一番求人数も多くなっています。病院やクリニックでの医療事務の求人(パートや正社員)もあるので必ずチェックした方が良いサイトです。早い者勝ちです。

はたらいく

バナナマンのCMでもお馴染みのはたらいく



はたらいくはバナナマンのCMでも人気の求人サイト。普通の求人サイトには医療事務の求人は中々ないのですが、はたらいくなら検索すると出てきます。キーワード検索で「医療事務」といれると、手っ取り早く希望の求人が見つかります。

リクナビ派遣

医療事務の求人の種類がとても豊富にある



医療事務や病院受付の求人が見つかる、リクルートが運営のリクナビ派遣。求人の種類が豊富で大学病院やクリニックや健診センターなどがあり、未経験者大歓迎の求人も比較的多く見つかります。期間限定も多いのでお早めに。

リクナビNEXT

無料登録するだけでスカウトメールが届く



リクナビNEXTは無料登録して自分の希望条件を登録しておくだけで、病院や企業側からあなたにオファーが届くサービス。オファーが来た場合はその時点で書類選考が免除されます。また自分で探す手間が省けるのもポイント。今すぐではなくても良い求人があれば…という方は登録だけしておきましょう。

どのような医療事務の求人があるの?

女性の就職や転職先として選ばれることが多い医療事務のお仕事。
どのような求人が人気なのか、医療事務の求人はどのようなものがあるのかみていきましょう。

 

働いている女性でも家事や育児を両立しながらお仕事をしている方は多いと思います。そんなお母さん方に人気があるのが医療事務の求人で託児所つきの病院勤務です。

 

医療事務は看護師のように夜勤がなく、日勤のみのお仕事ですが小さい子供を育てている場合、託児所つきの職場はありがたいもの。

 

同じ職場内に託児所があれば、子供が急に熱を出した場合でもすぐに駆けつけることが出来るので安心してお仕事に集中することができるでしょう。また、託児所つきの病院などはお母さん方の気持ちを汲んでいる所が多いので寛容に受け入れてくれます。子供持ちの人は採用に敬遠されがちですが、そのような所は育児と仕事が両立できるように工夫されているのです。

 

他に人気がある求人としてはやはり給与が高い求人が圧倒的に人気がありますね。もともと医療事務は派遣で委託されているところが多く、派遣以外での求人を見てみると意外と少ないことが分かります。その中でも比較的高給与の求人を見つけることは難しいですが募集のタイミングが良く発見することもあります。

 

特に上記で紹介しているサイトは医療や介護専門の求人に強いサイトになっているので、このようなオイシイ求人が見つかりやすくなっています。

 

元々医療事務の求人は普通の求人サイトでは、ほぼ見つからないし、すぐに応募者が殺到するので、応募期間が短く設定されてあるため、できるだけ複数サイトを利用して常に求人情報をチェックするようにしてくださいね。


医療事務のメリット・デメリット

医療事務で働く際、果たして医療事務にメリットがあるのか、デメリットがあるのか気になる所です。どのようなメリットデメリットがあるのか調べていきましょう。

医療事務のメリット

・景気に左右されないので安定している職業
・働きながら医療の知識もある程度得られる
・資格がなくても働けたり、学歴も基本的に関係ない
・なんといっても病院やクリニックで働くことができる・治療方法が分かる

主にあげるとメリットはこのようになるでしょうか。
医療分野に関する専門的知識や専門用語を学ばなければいけないので医療分野に詳しくなるでしょう。その知識を利用して、いざ自分や家族が病気になった際に手続きやらお金の事、治療の仕方なども分かるようになります。

 

病院によっては風邪や花粉症といった軽い症状に処方箋をくれるところもあるようです。また、医療事務は学歴や資格もいらないので誰でも勤めることができます。そのような点がメリットになりますね。

医療事務のデメリット

・一般企業に比べて医療事務は休日の割合が少ない
・基本給が大体17万〜19万円程度で給料はあまり高くない
・特殊な事務である事や求人数が他と比べて少なく転職したい時に難しい傾向がある
・医師や看護師や薬剤師よりも立場が低い

凄い人気の医療事務ですが、実はデメリットの部分も結構あったりします。
資格や学歴を必要とされないので有資格者である看護師や医師、薬剤師などから見下されることもあるでしょう。見下されるのが嫌ならば資格を持っておくと良いかもしれませんが、医療事務=無資格と思われているのでどうしても立場が低くなってしまいがちです。

 

そして、転職しにくいこと、給料が低いこともデメリットとしてあげられます。
給料は一般企業の社員よりも劣るのではないのでしょうか。基本給は大体17万〜19万円となっています。転職が難しい理由は、医療事務という特殊な専門の事務なので一般的な事務としての仕事内容が全く違うのです。同じ医療事務系の求人を探しても、もともと求人数が少ない傾向がある職種なので転職は難しいと思われます。

 

実際にデメリット点もある程度多いですが、それでも医療事務の仕事内容が面白く、続けて勤務している方はたくさんいらっしゃいます。どの職場でもデメリットは必ずあります。

 

それでもやはり医療事務は他の仕事よりメリットは色々あります。あなたにとって素敵な職場が見つかるかもしれないので落ち込まずに医療事務のお仕事を目指してくださいね。

医療事務の仕事内容って?

女性に人気が高まっている医療事務のお仕事は、主に病院やクリニックといった医療施設での事務のお仕事です。

 

そのままですが、主にカルテ管理業務、レセプト作成業務といった書類の管理と作成を行います。

 

医療施設の中には受付業務も兼任することもありますが、ほとんどはこの2つの作業となるでしょう。

カルテ管理業務

カルテ管理業務は医療に必要な患者さんのカルテを管理し、各診療科への仕分け、回収を行います。各診療科と患者さんを繋げる為の大事な仕事なのでカルテを紛失すれば大変な事態となってしまいます。病院にあるカルテを保管している場所でカルテに関する全ての業務を担当し、各診療科に運ぶこともあります。

 

最近では“電子カルテ”となっている所も多く、都心部で医療が発展している病院などで導入され始めています。電子カルテは今まで紙をまとめていたものからパソコン上でデータとしてカルテを保存する仕組みのことです。電子カルテの方が素早く対象のカルテを見つけることが出来る点で利用者が多い総合病院などでは便利ですが、電子カルテを扱うためには医療IT関連の資格が必要となりますね。

レセプト作成業務

そして、もうひとつの業務であるレセプト作成業務ですが、ほとんどの医療事務関係者がこのレセプト作成を行っています。レセプト作成とは患者さんの負担する額を引いた医療費を請求するための書類を作成することです。いわゆる明細書のような書類ですね。

 

診療や入院にかかった費用で病院は運営しているので治療費を作成したこのレセプトはとても重要な書類です。この書類が作成できなければ病院は運営していけません。内訳を間違えることがないように慎重して作成しなければいけない為、ある程度のスキルと経験が必要となります。このレセプトには1か月分の提出日が翌日の10日までと決められているため時間制限されます。慎重かつスムーズに作業が行えると良いですね。

最初は特にこのレセプト作成に大きな時間を費やしてしまいがちですが、何事も経験です。

 

医療事務は、年齢に関係なく働けたり、病院やクリニックなどで働くので比較的安定の職業であるなどメリットの多い仕事です。全国各地に多数の病院やクリニックなどの医療機関があるので経験や資格を活かして働くことができます。