病院や個人医院での医療事務の仕事

病院での医療事務

病院での医療事務の仕事は大変幅広く、個人医院や診療所と違い、
病床があるため、仕事の量も増えて、質の高い仕事が要求されることになります。
病床とは、入院用のベッドのことを言います。

 

一般的に、病院とは、病床数が20床以上の入院のための
部屋がある医療機関のことを指しています。入院可能な部屋があっても、
19床以下であれば診療所や個人医院となります。

 

大規模な病院であれば、医療事務の職員だけで十分に仕事をこなせない場合は、
一時的に派遣社員を雇用する場合もあります。

 

派遣社員は、派遣会社に登録していて、医療事務の資格を持つ人を派遣して、
病院側が必要な期間を定めて、期間限定で雇用します。

 

大規模な病院には、総合病院や大学病院などがありますが、
患者数や病床数が多いため、各担当は分担制になっているところが多く、
受付担当、レセプト業務の担当、といった感じで分担されることが多いようです。

個人医院・診療所での医療事務

個人医院や診療所での医療事務の仕事について、ご説明しましょう。

 

一般的に医院や診療所は、病床数が19床以下、
または病床がない医療機関のことを指しています。

 

個人医院では病床設備が整ったところもありますが、
診療所では診療所内での診療・治療・投薬がメインとなり、
外来診療または在宅医療が中心となります。

 

病院と比較すると医療機関としては小規模で、比較的症状の軽い患者がほとんどです。
施設内で勤務する医師や看護師の数は少なく、
医療事務の担当は1人、または多くても2人ぐらいです。

 

医療事務だけでなく、雑用的な仕事もあります。

 

個人医院や診療所での医療事務は、
正職員は少なく、パートの雇用形態が多いようですが、
子どものいる主婦にとっては、働きやすい環境だとも言えるでしょう。