歯医者や薬局での医療事務の仕事

歯医者での医療事務

個人医院には、内科や小児科、耳鼻咽喉科、歯科などさまざまな診療科目があります。

 

歯科医での医療事務は、内科や小児科などと、とくに仕事の内容と変わりません。
受付行・会計業務・レセプト業務など、ごく一般的なものですが、

 

歯科医院の中には、歯科助手としての技能を求められるところもあります。
そのため、歯科医療に関する専門的な知識が求められるところもあります。

 

治療に使用する器具や衣服の洗浄・消毒などの仕事を任せられることもあります。
歯科医院の看護師として働きたい人には、歯科医院での医療事務の
仕事から始めて、専門的に勉強を始める人もいます。

 

歯科医院に限らず、医療事務の仕事の範囲は、
医療機関によっても異なるため、面接のときに仕事の範囲を確認しておくといいでしょう。

薬局での医療事務

薬局での医療事務について、ご紹介したいと思います。

 

病院や個人医院など、医薬分業化が進んできました。
そのため、医療機関で薬を処方して、受付窓口で薬をもらう機会が少なくなり、
別に調剤薬局から薬を処方されるところも増えてきました。

 

調剤薬局では、一般の医療機関と同様に、
診療報酬に関するレセプト業務も行われていますが、
一般の医療機関とは保険の請求形態が異なります。

 

調剤薬局での医療事務は、さらに専門的な知識が必要で、
調剤事務と呼ばれる医療事務の分野での知識を身につけることが必要です。
調剤薬局では、レセプト作成の他に、薬剤の管理や棚卸作業もあります。

 

患者がこれまでに服用した薬で、アレルギーやなんらかの体の異常が
みられたことがあるかどうか、などについても確認を行い、
ひとりひとりの患者の症状や体質に合った薬を処方します。