医療事務とは

医療事務とは

医療事務は、英語でメディカルクラークとも言います。
クリニックや病院、個人医院などの医療機関で事務や経理の仕事のことを言います。
クラークとは事務職のことです。

 

医療事務の仕事は、医療に関する特別な知識はとくに必要ありません。

 

医療事務の詳しい仕事の内容まではわからなくても、病院や個人医院に行って診療を受けるときに、受付窓口にいる人が医療事務の仕事をしている人と思えばいいでしょう。

 

医療事務は、主婦に人気の高い仕事です。

 

医療事務が人気が高い理由は、年齢に関係なく働けることと、もうひとつは医療機関は会社ではないので、景気に左右されることがありません。全国各地に多数のクリニックや病院などの医療機関がありますが経験や資格を活かして働くことができます。

医療事務のニーズ高まる

医療事務は、女性に人気の高い仕事です。医療事務には、計算などの事務処理が中心ですが、
ひとりひとりの患者さんと接して、細かい気配りが必要です。

 

事務職でありながらも、受付業務では患者さんとの接し方も大切で、
受付は会社の顔だとよく言われていますが、受付での患者との接し方ひとつで、
その病院の印象が決まると言ってもいいでしょう。

 

高齢化社会にともない、介護・福祉・医療の現場は高齢者の割合が増えており、
医療機関の数も全国的に増えています。医療事務のニーズは高まる一方です。

 

とくに、規模の小さい個人医院では、受付から医療事務まで
すべての業務を何人かで分担することなく、一通りこなせるように
ならなければならず、冷静な判断力と事務的な能力が問われます。