会計・医療情報処理業務

会計業務

医療事務の仕事には、会計業務があります。医療事務における会計業務とは、
患者が診察・治療を受けたあとに診療費や治療費の会計を行います。

 

患者からお金を預かり会計をして、処方される薬の
服用の仕方や使用法、注意などの説明を行います。

 

患者の治療のために合った薬であっても、
処方を間違えると大変です。冷静な判断力が必要になります。

 

医療事務では、医療秘書業務と呼ばれる業務もあります。
秘書とは言っても、会社の秘書とは少し違いますが、
病棟クラークも秘書業務に分類されます。

 

大規模な医療機関では、医局秘書や院長付きの秘書といった配属もあります。
医療機関の規模が大きいほど、医療事務の仕事の範囲が広がり、仕事の量も増えてきます。

医療情報処理業務

医療情報処理業務とは、病院や個人医院などの医療機関に関する
重要な情報について、管理をする業務であり、処理能力が問われる仕事です。

 

医療機関に関する重要な情報とは、新しい患者の数、
通院している患者の数、通院の回数や病床がある医療機関では、
病床の稼働率などについて分析・統計を行うことです。

 

病床稼働率が高いにも関わらず、ベッドの数が足りなくて、
患者が十分な治療を受けられないといったトラブルがないようにするためにも、

 

このような情報の管理や分析をすることは、
医療機関の運営上にも大変重要なことです。

 

もうひとつには、患者から診療費が徴収されていない場合に、
未収金のリスト作成をしておく必要があります。
未収金のある患者には、診療費を催促しなければなりません。

 

保健所に医療に関する報告を正しく行う義務もありますので、
データ処理の正確性が問われます。