1日の流れ〜医療事務〜

1日の流れ〜医療事務〜

実際に医療事務として働いている人はどのような1日を過ごしているのか気になりませんか?
医療事務は主に病院の書類管理室や受付などで働くことになりますが、
1日の流れがどのようなものなのか見ていきましょう。

 

今回はある病院で医療事務のレセプト担当として働いているBさんに密着してみました。
Bさんの仕事は8:30〜18:30までの勤務時間となっています。

 

AM8:00

いつも出勤の30分早い8時に職場に到着し、同期たちとデスク回りや院内の掃除をします。

AM8:30

病院が午前の受付を開始する8:30からレセプト作成業務に。患者さんのカルテと照らし合わせながらレセプト作成をし、あげていたレセプトに誤りがあれば見直す作業を行います。

PM13:30

午前の診察が13:30に修了すると共にお昼休憩へ。13:30〜14:00までの30分休憩です。

PM14:00

そして14:00からまたレセプトの作成業務に戻ります。

PM18:00

18:00に1日の診察が終了。今日1日行った書類の整理と最後に病院内の掃除を軽くして、業務終了となり帰宅となります。

 

レセプトは毎月集計した書類を翌日の10日までに全て提出する必要があるので締め切り日の1週間前から忙しくなるようです。締め切りギリギリの日には残業もあるようですね。

 

Bさんはレセプト担当者だったので主にレセプト作成の業務となりますが、日常業務の場合は受付からカルテの管理もする事があるので他にも業務があるということを知っておいて下さいね。

 

医療業務の1日の流れはこのようになっていますがいかがでしたでしょうか。

 

利用する人が多いほど仕事量も増え、管理する書類もたくさんあるので大変なのが事実です。
しかし、医療に関わる身としてとてもやりがいのあるお仕事と言えます。