医療事務のQ&AA

医療事務のQ&AA

医療事務を受講する人の年代層は?

医療事務を受講する人は、20〜30代の若い人が多いようです。短大や専門学校では、医療事務に関する学科がなくても、夏休みの期間中を利用して、短期間での通学講座が行われているところもあります。社会人が学ぶための講座には、年齢層が幅広く、20代〜40代の人も多数います。通信講座で学ぶ人もいますが、年代層に関係なく勉強できます。とくに主婦の人が多いようです。医療事務は、主婦のパートの仕事としても最適です。医療事務の仕事は、各医療機関で需要が高く、高齢化社会にともない、医療のあり方が大きく変わろうとしていることにともない、今後もますますニーズが高まることでしょう。

医療事務の給料体系や雇用形態はどのようになっていますか?

医療事務の仕事をしている人の給料は、医療機関の規模や、まかされる仕事の範囲によっても異なります。大規模な病院での医療事務は、仕事の量が増えるので給料も比較的安定しています。病院によっては、独自に給料体系を定めているところもあります。大規模な病院のほうが公共性が高く、給料体系がよく、小規模な診療所や個人医院ではパートとして雇用するところが多いようです。

 

正職員としては、平均して15万円程度で有給休暇や賞与、健康保険や厚生年金があります。派遣社員で医療事務の仕事をしている人もいます。大規模な病院では、派遣社員を雇用することもあります。時給1,000〜1,200円程度が相場です。パートでの雇用は、時給800円程度で周4〜5日程度の出勤日数です。扶養の範囲での勤務が前提となるため、100万円が収入の限度になります。

医療事務の職場を選ぶには、どのような点に注意すればいいでしょうか。

どんな職場選びをしたいか、ということに関しては、人それぞれ希望や条件が違うと思います。給料が高いことが第一条件と思う人もいれば、週休2日制にこだわる人もいると思います。また、自宅から勤務地の距離感についてこだわる人もいることでしょう。厚生年金や健康保険などの福利厚生にこだわる人もいると思います。まずは、自分の希望条件を明確にしておくことが大切ですね。

 

不景気なご時世なので、あまり望みが高いのもどうかと思いますが、景気の良しあしに関係なく、病人はたくさんいますので、医療機関に関しては景気はまず左右されることはありません。ただし、病院の経営状態が不安定で悪化しているところは、あまりおすすめできません。医療事務の資格がない人でも可という職場もあると思いますが、仕事としての経験から入り、いずれは医療事務の資格を取ることを前提に考えておいたほうが、仕事を続ける上で役に立ち、職場からの信頼も厚くなります。

医療事務は、その仕事の大半がレセプト業務と聞いていますが、具体的な仕事の内容は?

レセプト業務とは、個人医院や診療所、病院などの医療機関での診療報酬請求業務のことを言います。レセプト業務では、診療の内容の項目別にそれぞれ点数が決められており、点数表で表わされています。厚生労働省の規定による点数表をもとに、すべての項目を点数に置き換えて、診療にかかった費用と計算して、合計を出します。

 

この計算の方法は、ほぼ2年おきに改定されており、その都度対応しなければなりません。受付窓口では、患者が負担する金額を計算してお金を徴収します。その後、診療報酬の明細について、レセプトを作成します。レセプト作成では、パソコンによるデータ入力の作業が中心となり、パソコンの処理能力がスピーディーで正確であることも大切です。

医療事務は、女性に人気が高いと言われていますが、その理由はどんなところにあるのでしょうか。

医療事務の仕事は、勤務体制が多様化しています。フルタイムで働きたいという意欲がある人なら、正職員として採用される職場を選ぶといいでしょう。診療所や個人医院など規模の小さい医療機関では、パートの雇用形態が多いようです。

 

医療事務の仕事は需要が高く、女性にとって仕事をしやすいことが人気の理由だと思います。また、医療に関わる仕事に携わることで、世のため人のために働くという社会参加の認識も高まり、仕事を続けていくことで働く生きがいが得られると思います。医療事務の経験を積むことで、万が一ご主人の転勤などにより、職場を離れることになっても、次の職場探しもスムーズになります。