医療事務に資格はいるの?

医療事務に資格はいるの?

医療事務をする為に資格は基本的に必要ありません。
資格がなくとも経験があれば採用される可能性は高いでしょう。

 

医療事務の採用ポイントは“経験があるかどうか”で判断されることが多いので
資格を持っていなくても経験が豊富ならば採用されます。

 

しかし、今医療事務の資格を持っている人がほとんであり、当たり前になっています。
資格を持っていて経験が豊富ならばどこの医療機関でもその人を雇うはずです。
つまり資格を持っていた方が就職に有利となるのが事実です。

 

医療事務は専門用語がたくさん出てくるので
医療事務の知識を持ち、試験を受けなければ資格を得ることはできません。

 

医療事務の資格を持っている人が多いため、
医療事務+別の資格を持っていた方が良いでしょう。

 

医療事務には10種類の資格があると知っていましたか?
診療報酬請求事務能力、いわゆるレセプト作成の資格です。
他にもメディカルクラーク検定、医療事務管理士検定、医療情報実務能力、医療秘書技能認定などなど種類は数多くあります。

 

どのような資格を取得したら良いのか悩みどころですが、
メジャーなのは医療秘書技能検定と診療報酬請求事務能力の2つです。

 

メジャーとなっている資格+他の資格を持っておくと有利になるでしょう。
医療事務の求人は意外と少ない割に応募者が殺到するので
ライバルよりも抜きん出た存在になるために資格をもうひとつ持っておくことをお勧めします。